しわは化粧品でカバーできる|綺麗を引き立てるアイテム

女性

原因と対策方法をしっかり

コスメ

知って対策しよう

顔の印象をぐっと老けさせるおでこのしわは、紫外線によるダメージや乾燥によって加速して深くくっきりと刻まれるようになっていきます。そのため、紫外線対策と共に、保湿対策をしっかりと行うことがもっとも重要です。さらに、自分ではなかなか気づかない表情しわという要素もあります。表情しわとはその名の通り、表情を作る中で知らず知らずのうちに癖になってしまっているものです。おでこの場合、しかめっ面をしたり、仏頂面をしているとどうしてもできてしまいますので、不機嫌にならないことも大事と言えるでしょう。いつもにこやかに笑っていれば、おでこのシワが深くならず、そして定着しなくて済みます。さらに、眉を寄せるとおでこには縦のシワが入り、眉を上げるクセがあると横にしわが刻まれていくという特徴があります。おでこのシワを改善するためには、化粧品を使ってしっかり保湿することが大事ですが、保湿するだけでなく、油分も補う必要があります。おでこはどうしてもテカってしまいますので、あぶらとり紙でせっせと皮脂を取っているという人は多いでしょうが、そうなると肌のバリア機能を果たす油分が取り除かれてしまいますので、肌は無防備になり、ますます乾燥肌へとまっしぐらです。化粧品は保湿成分が入った化粧水をたっぷり使い、さらには油分で蒸発しないように蓋をする化粧品も必要です。テカリが気になった場合はあぶらとり紙で軽く押さえて取り、その後しっかりと保湿をしておくと、徐々におでこの皮膚が柔らかくなってきます。化粧品を適切に使うことで皮膚が柔らかくなり、保湿でハリと弾力が生まれれば、しわも徐々に目立たなくなってくるでしょう。

女の人

真皮じわの原因と対策

顔には浅いしわと深いしわがあり、それぞれに合った対策方法があります。ほうれい線などの深いしわの大きな原因は、加齢と紫外線です。これらのダメージを軽減し、栄養成分を補うことができる化粧品を使うようにしましょう。

コスメティック

浅いものなら改善も早い

浅い部分にできるしわは表皮しわといって、水分不足がもっとも大きな要因となっています。そのため、水分を保湿できる化粧品を使うことで対策が取れますが、皮膚が薄いことから刺激によってしわができてしまうため、優しく付けることがポイントです。